発声することに慣れていない 音痴の克服

発声することに慣れていない 音痴の克服のページを説明

音痴矯正プログラム
新着記事一覧

発声することに慣れていない 音痴の克服

発声することに慣れていないことが原因の音痴の人の場合は、自分で音が外れている事がわかるタイプの人ですので、歌いこむうちに、音程がとれているという感覚もわかるはずです。

音程が取れている感覚がわかってきたら、音痴を克服するまでもうすぐです。

とにかく、音程が完全にとれるようになるまで歌いこむなどすると、良いでしょう。

また、このタイプの人であれば、音痴を克服する近道として、自分で歌っている声を、テープなどに録音して聴くのも良いでしょう。

客観的に聴いても、音がはずれていないかを確認できるので、音痴を克服するのも早くなると思います。

耳が音楽を聴くことに慣れていないことが、音痴の原因である場合には、上記の人よりも少しだけ音痴を克服するのに時間がかかるかもしれません。

しかし、訓練することで、音痴を克服することは可能です。

このタイプの人の場合は、音痴を克服するために、まず音階というものをきっちりと知ることが大切です。

ピアノなど、音の出る楽器を使って、「ド、レ、ミ」などの音階をしっかりと覚えるようにしましょう。

音を出しながら、その音と同じ音を出せるように同時に発声をしていくことです。

このようにして、音階と同じような音を出すことにより、音階を聴くことに耳も慣れていくため、次第に自分の歌が音が外れているということがわかるようになってきます。


音痴矯正プログラム

>> 音痴矯正プログラム

Category 音痴克服

音痴矯正で音痴克服の発声することに慣れていない 音痴の克服のリンクについて

音痴矯正で音痴克服の発声することに慣れていない 音痴の克服のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。