音痴の矯正と耳の関係

音痴の矯正と耳の関係のページを説明

音痴矯正プログラム
新着記事一覧

音痴の矯正と耳の関係

自分が音痴だとわかったら、やはり音痴の矯正をして音痴をなおしたいと思いますよね。

では、そんな音痴の矯正はどのようにして行えばよいのでしょうか?

音痴の矯正を行うには、自分の音痴の原因などをきちんと把握しておいたほうが、音痴の矯正をしやすいと思います。

音痴の矯正をするために、自分の音痴の原因を知りたい場合、どのようにしてその原因を調べればよいでしょうか?

まず、先天的にせよ後天的にせよ、耳の機能障害などがあった場合は
音痴の矯正をすることはまず難しいと言ってよいかもしれません。

音痴の矯正をする上で、一番大切なのはやはり耳となってくるので、その耳の機能障害などが、もしも治療で治るものであればまずその治療から入ることだといえます。

次に、耳の機能障害などはない場合ですが、人から指摘されるまで自分が音痴であるとか、自分が音程がはずれているとかわからない人の場合は、耳が悪いタイプの音痴です。

自分で歌っていて、ある程度「あ、今音程がはずれたな」などとわかる場合であれば、それは「歌うということに慣れていない」タイプの音痴だといえます。

音痴の矯正をするときには、これらのタイプによって音痴の矯正の仕方が違ってくることになります。


音痴矯正プログラム

>> 音痴矯正プログラム

Category 音痴矯正

音痴矯正で音痴克服の音痴の矯正と耳の関係のリンクについて

音痴矯正で音痴克服の音痴の矯正と耳の関係のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。